キャバクラとガールズバーの違いとは?

キャバクラとガールズバーは会話がメイン、一緒にお酒を楽しむというお店なので、それだけ聞くと違いがないように思われますが、実は結構大きく違う業種となります。

まず大まかに違いを説明すると、お客さんの隣に座って「接客」をするのがキャバクラです。一方でガールズバーは女性バーテンダーとしてカウンター越しにお酒を作る、会話をするという営業となります。
また、実は営業形態も大きく異なります。キャバクラの営業は「風俗営業の接待飲食等営業」という種別になり、経営には各都道府県の公安委員会の許可が必要です。
一方でガールズバーは「深夜酒類提供飲食店」という許可を得ていることがほとんどです。この種別の違いにより、キャバクラは深夜0時までしか営業ができませんが、ガールズバーは深夜0時以降の営業も許可されています。

この「風俗営業の接待飲食等営業」と「深夜酒類提供飲食店」は同時に許可を得るということはできないので、もしキャバクラなのに深夜0時以降になっても営業している、ガールズバーなのに女の子がキャバクラ同様の接客行為をしているということがあれば、そのお店は違法に営業しているお店です。
そうしたお店は利用すると「知らなかった」では済まされないこともありますので、気づいた時点で利用をやめるようにしましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る